学生インタビューVol.18 「後悔から、とにかく行動! チャンスを掴んだ大学3年間」 | 新着情報|共愛学園前橋国際大学 入試情報サイト KYOAI GAKUEN UNIVERSITY

MENU

新着情報
HOME - 新着情報 - 学生インタビューVol.18 「後悔から、とにかく行動! チャンスを掴んだ大学3年間」

   
学生インタビューVol.18 「後悔から、とにかく行動! チャンスを掴んだ大学3年間」

  • 2021.2.26
  • トピックス

入試広報センターでは「学生インタビュー」を実施し、学生が感じた声を発信しています。
感染症で閉塞感が漂う状況だからこそ、学生の声を高校生に届けたい。そんな思いは学生も同じです。

情報・経営コース3年の山田武蔵さん。

第一志望の大学受験に失敗し、高校の先生に勧めれるがままに入学。何の目標もなく入学したため授業以外に活動をすることはなく一年間が終了。

転機となったのは、周りの学生が学内外で活躍している姿が悔しく、後悔したことがきっかけに。様々な活動に参加し自分から積極的に行動したことで、活動の場を大学の外にも広げ、今では限られた人しかできない経験ができたと感じているという山田さん。

「共愛学園前橋国際大学のように大学の中にここまで多くのチャンスがある環境は、日本中を探しても一握りだと思います。もし限られた大学生活の中で大きく成長したいと感じているなら、まずはその機会がある環境に自分自身の身を置くことが一番賢い選択ではないかと思うんです。その選択をする際に、僕の大学生活が少しでも高校生の皆さんの参考になれば嬉しいです。」と語ってくれました。

この記事は山田さんと何度も打合せをしながら作りました。写真も記事も、何度も修正しました。それは「後悔からチャンスを掴んだ道のりを高校生へ伝えたい」という強い思いの表れだと思います。ぜひそのメッセージを受け取ってほしいです。